Gallery

新潟県南魚沼市にある「DonBou 」さんのショップ内に フェンス、ブレーシング(補強としての構造物)をデザイン、制作、施工しました。 オーナーの富岡さんは以前開催したオープン工房でのワークショップで 熱心に鍛鉄に向き合われ、鍛鉄の魅力にはまった方のひとりです。(と思います) DonBouさんは建築塗装、エイジング塗装など塗装のプロフェッショナル。 塗装から建築にまつわるショップをオープンされました。 当工房の小品も並んでいます。 DON BOU color works       お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

新築のお住まいに玄関アプローチ手すりをご依頼いただきました。 玄関ポーチの広さからポーチの外側に沿って支柱を取り付けし L字部分を補強兼デザイン的につながりを持たせ設えました。 花のモチーフが柔らかさとかわいさを演出していると思います。     お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

岩原スキー場に隣接する「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」 薪窯で焼くピッツァの先駆け、イタリアンの名店です。 地下のワイン庫とワインを楽しむお部屋にブドウの木の彫刻を制作しました。 ブドウの木は、ワインセラーを望むとブドウ畑が広がっているような佇まいで あえてブドウの実はない休耕期のブドウの木がそこにあります。 ただ枝と枯れかけた葉っぱが次の季節を待っているかの様子が絵画的にみえるのです。 ワインセラーからプライベートゾーンへ続く扉には、蝶番飾り、面格子、ドアノッカー、ハンドルを設え、ますます雰囲気の良いコーナーへグレードアップしたと思います。 彫刻の他、レストランエントランスの階段手すり、こちらはスキーシーズン、グリーンシーズンと手すりの位置が変更できる仕様です。どちらのシーズンも弊害なく使ってもらえるつくりを双方で確認しながら制作しました。 ピットーレのオーナー辻さんとぼくは、ぼくが26歳の時にスイスにある日本食レストランで出会っています。 ぼくがヨーロッパの鍛冶工房をまわってチューリッヒに戻り、帰国する時に空港まで送っくれたムッシュが辻さんです。まぁ二人ともうっすら覚えている程度で数年前に再会した時にそんな話から新たなコミュニケーションを取り始め、このような制作へ至りました。 ピットーレの建物、インテリアはオーナーの辻さんとスタッフがコツコツつくりあげた趣のあるデザインが随所に表れています。飾ってあるイタリアやヨーロッパから持ち帰った陶器や小物はすべてかわいいです。 辻さんの名言、「ピザを焼くには先ず薪割」 。 いい言葉です。ぼくが思う仕事の姿勢がこの言葉にギュッと凝縮されていると思いました。 このような魅力あるレストランへ鍛鉄の仕事で関わることが出来ましたこと御礼申し上げます。 スキーシーズンが益々楽しみになりました。              ピットーレ岩原本店   お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

ライフスタイルが変わられたタイミングでラウンドテーブルをご依頼いただきました。 テーブルの脚は真っ赤に熱した鉄から加工し組んでいる鍛鉄の技法を存分に発揮したつくりです。 テーブルに合わせてシャンデリアを制作。 こちらは吹き抜けの空間を日中は鉄の葉っぱと曲線が彫刻のように、 夜は落ち着いた明るさになるように乳白色のシェードにしています。       お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

チェコ共和国からイタリア スティアへ移動し「Stia European Biennial Show of Blacksmithing Art 2023」へ。 ここでの4日間は世界25か国の鍛冶屋が300人以上集まりコンペティション、講演、展示、など様々な鍛冶にまつわる催しが展開されます。 ぼくは今年の春にスティアの協会から彫刻の依頼を受けていて、メンバーを集め制作しました。 先ず思い浮かんだデザインは、日本らしくかっこいいもの。 シンプルだけど手の込んだデザインを考え、仲間とミーティング、合宿を重ねてスティアへ。 結果は、素晴らしい出来栄えでたくさんのギャラリーに見守れながら完成へ至りました。 日本のメンバーで彫刻を制作出来ることが、ひとつの目標にあったので 日本で鍛鉄ライブを開催してきたことがここへ繋がったと確信しています。 彫刻制作の他、鍛造選手権、マーケットで販売を試みます。 自身の体調不良で鍛造選手権は途中棄権してしまい悔いが残りますが次回改めて挑戦します! 鍛冶屋の友人の奥様方がぼくの体調を気遣って医師や薬の手配をしてくださりありがとうございました。 彫刻制作も体調不良で仲間に任せきりで迷惑をかけてしまいました。 マーケットでは、同行した蠣崎君、荻野君の作品と共に販売しぼくの小品は完売しました。 実はぼくの追っかけBoyがいて(笑)彼はやはりぼくの中で一番出来の良い小品を購入してくれて嬉しかった。 他店の作品も購入し、人との出会いは万国共通楽しみが広がります。 このビエンナーレへ参加するのは3回目です。いつも思うことは町全体が協力されていて ボランティアのクオリティが高く、充実した4日間を送れることがすごいなぁと感心します。 最後のセレモニーでは、日本チーム皆で壇上へ。 記念の盾を受け取り、近い未来に彫刻が設置されるのが楽しみです。 「円窓~Round window~connect the inside and outside」 加成幸男 水上慎一 蠣﨑良治 荻野善史 加成健太郎 Thanks! Richard Rulf ありがとうございました。                       ...

チェコ共和国 ヘルフシュテイン城で開催される国際鍛冶フォーラム「へファイストン」へ参加し 鍛冶のコンペティションへ出場しました。 フォーラムの内容は鍛冶にまつわる様々な催しが開催されます。 *exhibition *seminar *blacksmith's competition *presentation of school *etc ぼくは、3時間でひとつの作品を制作するblacksmith's competitionへJiri Bataさんと出場。 彼とは、日本にいる間はメッセージで事前に打ち合わせし、フォーラム前には彼の工房で試作し臨みました。 彼の工房はオロモウツに近い小さな町にあり、ご家族の方もフレンドリーで 自宅にあるビールサーバーでたくさんビールを飲んじゃいました。    へファイストンは山の上に建つお城の中で開催されます。 blacksmith's competition のブースはお城のてっぺんの広場です。 スタッフの方たちが道具を運んでくださったり、子どものボランティアスタッフが 完成した作品を大事そうに運んでくれる様子に心打たれました。 ぼくとJiri Bataさんは、「SAMURAI」をつくりました。 お侍さんが風を切って歩く様を彫刻で表し、3時間の制作時間はあっという間で 途中、スタッフの方が壺とガラスのピッチャーを持ってきてくれるのですが 制作中の僕は、水だと思って飲んだ壺の中身はビールでした。ここはチェコだったことに気づき ふたりで飲み干してしまった。飲み干すのは当たり前で、男子たるもの残さず飲むのがチェコ流の模様。 彫刻が完成し、証明書と一緒に記念撮影し場内のたくさんの作品を見て回ったりして一日が終えました。 受賞には至りませんでしたが、チェコの鍛冶を垣間見てたくさんの収穫を得ましたので来年へ繋げたいと思います。 お城の壁に日本の国旗。 挑戦しなければ国旗は掲げられません。 この風景を見るたびに自分の今までを振り返りやっとたどり着けた思いが溢れてきます。         へファイストンの会場では、オーストリア Ybbsitz  からいたしていたJosefさんに再会し Ybbsitzで開催される鍛冶フォーラムへお声掛けいただき、近い将来に行きたいと思います。 5月にインターンでぼくの工房へ来ていたリカルドたちにも会えて、数日後彼の町へ訪れました。 テレザとうちの奥さんは、飯能Tシャツで盛り上がっていいた模様。    へファイストンの様子はこちらのサイトからご覧ください。 チェコに集まる世界の鍛冶屋をみることが出来ます。 https://hefaiston-helfstyn.cz/aktuality/ziva-tvorba-2023...

2023年6月に開催されたHANNO Art Bazaar内で催した鍛鉄ライブ。 チェコからのインターン生、リカルドと旧知の鍛冶仲間と2日間かけて 制作した「鍛鉄ベンチ」 実際にライブを見に来られた府中市安養寺の住職がとても気に入って下さり 境内に設置する運びとなりました。 リカルドと私の記念になるベンチがここで多くの方に目に触れ活用されることが とても喜ばしく嬉しく思います。 2023年8月には、チェコ へファイストンで開催される鍛冶の大会で 彼と再会し一緒に鍛冶をして過ごします。 小さな国際交流ですが、鍛冶を通して様々な人と人が繋がり豊かな関係が築くことが出来ます。 ありがとうございました。 鍛鉄ライブの動画はこちらから 20230604 HANNO Art bazaar 鍛鉄ライブ - YouTube       お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

東京都府中市 安養寺様の御朱印所新設に伴い 既存の引き違いの窓を新たな御朱印所として活用するため それに合わせた床面、手すりを増設し 蓮や草花をモチーフにした面格子、テーブルなどを制作しました。 御朱印を受け取る床面にはちょっとした細工を加えました。 その場所に立った時に床面から浮かび上がる蓮を見ることが出来るのです。 御朱印長を受け取る時に荷物台として蓮をモチーフにしたテーブル、 お渡しする側の防犯、安全面を考慮して草花をあしらった面格子、 全体のデザインを繊細な鍛鉄の細工でおさめました。 6月には境内にたくさんの蓮が咲き始めますので それらとの調和も素晴らしい景色になると思います。 ちょうどチェコから2か月研修に来ていたリカルド君たちも施工に加わりました。              お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282          ...

西川材をメインに木と鉄と石を組み合わせた個人宅へ鍛鉄のフェンスを制作しました。 リビングの吹き抜けを囲み、テーマである「森」のモチーフを時間をかけて打ち合わせしました。 鍛鉄らしく、無垢の木に合うデザインは施主様もとても気に入って下さり 階段手すりが始まる親柱のデザインは全体の雰囲気を引き締めたように思います。 施主様の生業は、地元西川材を取り扱っていて自邸は飯能の業者や縁のある方たちで建てられました。 素晴らしい考えと地産地消の精神に共感致します。 当工房の作品を取り入れて下さりありがとうございました。      お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...

鍼灸院の施術室へ照明を制作しました。 患者様が仰向けになった時に、やさしい灯りでリラックスできるよう 和紙を組み合わせて制作しました。 見た目も実物も重くならないように華奢な鉄を使っています。 和紙の張替えもメンテナンスしやすいように取り外しが容易に出来るようなつくりです。 この模様は、5月に訪れたサグラダファミリア教会(スペイン バルセロナ)で拝見した ガウディが関わったデザインからインスピレーションを受けています。 余談ですが、長年ガウディ研究に関わっている方からお聞きしたお話です、 ガウディの作品は材料を運ぶための梱包材に使われた 平鉄やバンセンのような細い鉄を用いてつくられています。 材料の領収書が存在しないことから このようなリサイクル(リユース)が通常のことだったようです。 100年以上前の出来事ですが、現代にもつながるエピソードと思います。   お問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから Leaf工房 加成幸男 Mail kanari@rio.odn.ne.jp TEL 090-6958-7282...